お金を殖やすためにしてきた私の失敗談がてんこ盛り

お金の正しい知識

転職は余裕のあるうちから始めよう

   

余裕のない状況で転職活動をしてしまうと、冷静な判断ができずに、つい年収の事よりもすぐに働ける仕事を選択しがちです。

その結果として、これまでの仕事よりも収入が減ることもあるのです。

だったら、なんのために転職したのかと後悔したくなるでしょう。

年収をアップしたいのであれば、しっかりと目標をもって仕事を探しましょう。

転職するための活動は、在職中から始めて、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。

退職してからの方が時間の自由がききますし、時間をおかないで働くことができますが、転職する先がなかなか決定しない事例もあります。

無職の期間が半年以上になると、就職先が減少していきますから、後先を考えずに、今の仕事を辞めない方が良いでしょう。

面接での身だしなみに関しては返す返すも注意しましょう。

清潔感がある洋服で面接を受けるのが大切です。

緊張であがってしまうとは思いますが、じっくりとシミュレーションしておき、面接本番に備えるようにしてください。

面接で質問される内容はほとんど決まっていますから、前もって、答えを準備しておくことが大事です。

転職の理由が年収アップだという方も多数を占めていると思います。

確かに、職場を変えることで年収があがることはあり得ることです。

ただし、お給料が少なくなってしまう可能性はいつも付きまとうことを考えておく必要があります。

年収アップを勝ち取るためには、落ち着いて報酬の高い仕事を探すことがどれだけできるかが重要となります。

人材紹介会社を通してうまく転職できた人もたくさんいます。

1人きりで転職活動を進めるのは、精神的にキツイことも多いです。

転職先が見つからない状態が続くと、何がいけないのか、どう改善したら良いのか分からなくなることもあります。

人材紹介会社を頼った場合、自分の状況に応じた応募先を教えてくれたり、頼りになるアドバイスをもらえるでしょう。

転職理由は、書類選考や面接の際にとても大切です。

相手に納得してもらう理由でないと評価が落ちます。

ただ、転職する理由を聞かれたとしても答え方がわからない人も多いはずだと思います。

多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、この転職理由が苦労の元となります。

転職しようとする場合に有利になれる資格はどれかときかれれば、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。

これまで築いてきた経験を使った転職を考えている方にも間違いなくお勧めしたい資格です。

社会保険労務士という資格を持っていると、総務や人事関係の仕事で採用されやすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務関係の仕事に就職しやすくなります。

転職するなら、不動産業界にしようと思っているのであれば、第一に宅建主任者資格を取られることが先決です。

宅建主任者資格保持者でないと、合格通知がでない企業もあるようです。

業界ごとにどのような資格が必要となるか違いますから、業種にあわせた資格を転職前に取得しておくことは良いアイデアだといえるでしょう。

違う仕事に転職するのは難しいという印象が強いですが、実態はどうなのでしょうか?結論から述べますと、異業種に職を変えるのは簡単ではありません。

経験者と未経験者が同時に面接に来た場合、業務経験のある人を選択する人事担当者が多いものです。

ただ、絶対に不可能というわけではありませんので、努力の程度によっては異なる職種に就けることもあると思います。

長い時間の労働が原因で、退職を決めた場合は「生産性の高い仕事が希望」、やりがいを感じる仕事と思えずに辞めた時は「環境を変えることで自分を成長させたい」という表現にすれば良いと思います。

たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、プラスのイメージになります。

採用される履歴書の書き方は、150文字から200文字程度で書くようにしましょう。

どういった転職理由が適当かというと、第一に、どうしても転職しようと思った理由を考えてみてください。

誰かに見せるためではないので、深く考えずに、紙に書きましょう。

そして、それをネガティブな印象を与えないように説明する方法を変えてください。

転職することに至った経緯が長くなると自分を正当化しているように聞こえてしまうので、長さには注意しましょう。

一般論として、転職に、有利とされている資格の一つに中小企業診断士をあげることができます。

中小企業診断士となることで、経営に関する知識を持っていることが認められるので、会社にとって自分は貴重は戦力であると認識させることが可能です。

法律に関する知識が豊富な行政書士やお金に詳しいことを証明するファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。

転職する際に求められる資格というのは、専門の仕事以外にはそれほど多くないようですが、持っている資格を有効に使って働くことができるということでは、やっぱり、国家資格が強いでしょう。

それから、建築や土木系だと、建築士のように「業務独占資格」と言われるような、該当の資格を所有していないと業務ができないというような仕事が多いので、狙い目と言えるかもしれません。

転職しようと考えた場合、まずは非常に身近な存在の家族に相談をする方がほとんどです。

所帯を持つ人なら、家族に相談なさらないで勝手に転職をするのは止めた方が無難です。

家族に断りなく、職を変わってしまったら、これが原因で離婚し、家庭崩壊に至る可能性も出てきてしまうことがあります。

転職を考えた時に、仕事をしっかりと探すためには、それなりの時間が掛かることでしょう。

今の仕事を続けつつ、次の仕事を探すには、転職のために割ける時間は多く取ることは難しいでしょう。

そういう時、活用を考えてみてほしいのが転職サイトを利用することです。

転職サイトへ登録することにより、自分だけでなく、キャリアコンサルタントと呼ばれるサポートスタッフも一緒に協力して転職先を考え、探してくれるでしょう。

 - お金の上手な殖やし方